就職・転職

転職と志望動機

転職と志望動機

転職する時に、志望動機が必ず聞かれます。転職者の志望動機のほうがポイントになるようで、新卒者でも聞かれることがありますが重要の度合いが違います。

 

少なくとも転職者にあるのは仕事の経験です。中途採用をしている会社側の立場では、経験があるだけに採用を判断する材料として志望動機は非常に大切になってくるのです。具体的に志望動機というのは、一番どんなことに興味があるのか、この企業で働きたい理由はなんなのかということです。

 

転職の志望動機を尋ねられているのに、志望動機とはまったく違う的外れの返答をする人が多いという話を面接官から聞くことがよくあります。
転職の志望動機というのは、なぜ今ある仕事をやめてまで新しい企業を探しているのかということです。

 

新しい職場はこの会社でなくてはならないのか、どれだけ会社を大切に思い貢献してくれるかなど、採用側からするとかなり重要なポイントなのです。希望している会社の仕事内容と、本来自分がやってみたい仕事が合ったとき、転職の志望動機というのは成立するでしょう。もしこの会社で働けるならば、そのくらい一生懸命仕事に取組み、高い志を持ち続けられるかということを相手にアピールするためのものです。

 

あまりにも転職の志望動機と会社が欲しいと思っている答えが異なってしまうと採用はされないでしょう。自分がやりたかった仕事と異なるということに入社してから気が付いて、やる気がなくなってしまったりやめてしまう原因になります。転職するときは志望動機と会社の要望があっているか事前に確認するようにしておきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ