就職・転職

転職活動時の志望動機について

転職活動時の志望動機について

転職の志望動機で特に評価されない点について調べてみました。
面接を転職活動受ける場合にいちばん重要なのは志望動機の内容で、採用するかどうかの判断がされることもあります。

 

ほとんどの面接において質問されるものなので、つい志望動機を語るのに一生懸命になってしまいます。
転職の志望動機には、企業側が評価するのが難しいものもあるようです。要注意なのは、面接を担当する人事の人に評判の良くない内容の志望動機もあることです。志望動機の中にはしっかりと評価されるものもあれば、嫌がられるものもあります。

 

面接を受ける場合には、あらかじめきちんと下調べして準備するようにしましょう。将来性と安定性に魅かれてとか、業務内容に興味を持ってなど、使い古されたフレーズも多いものです。漠然とした志望動機は、転職雑誌や転職サイトのコピーのようで嫌がられるものです。

 

もっと良い印象を与えるには、たとえ将来性について述べるにしてもどんな部分でそう思うのか付け足すようにしましょう。もし業務内容に関心があるのなら、もっと細かく業務内容のどの部分が良いと思うのか伝えることでもっと内容が良くなります。

 

さらに具体的に志望動機を言うことで、良い評価をもらうことができるでしょう。人事のほうからすると、転職の志望動機を評価する大事なポイントは、長期間仕事を続けてくれるかどうかだといいます。漠然とした内容ではなく、就職したい会社に合わせた内容で、自分の言葉で伝えることが重要になります。


ホーム RSS購読 サイトマップ